娘の顔に初めてニキビが出たのは、娘がまだ小学校5年生の時でした。

良く見ると娘のおでこにポツンと一つ、赤い吹き出物が出来ています。

見逃してしまう程の大きさだったので、しばらくは娘も私もさほど気にはしていませんでした。

数日後、娘のおでこに、以前より吹き出ものの数が増えています。

 

おでこのにきび

 

「なんか、ぶつぶつが増えてきたね。ちゃんと顔を洗っているの?」

「うーん…洗っているよ。」

「本当?」

「ホント、ホント。」

吹き出物が増えたといって気のなるほどでもありません。しかもおでこなので、前髪で隠すことも出来ます。

「うーん、ニキビかもね。」

「ニキビってなに?」

「中学生ぐらいから出てくる吹き出物の事を、ニキビって言うのだけど、まだ5年生だしねえ。まあ、バンビ(娘のニックネーム)も年頃になったってしるしかな。」

この時点で、私は娘のニキビについて深刻には考えていませんでした。

しかし、それが娘と私のニキビ地獄の始まりだったのです。

おでこにポツンと出来たニキビがどんどん増えて、それが頬や顎にも広がり始めたのです。

まるで水蜜桃のようにきめ細かくつるつるした娘の肌に、大量のニキビが出るのに時間はかかりませんでした。

記事投稿者
Air Lift開発者 黒木 薫

Air Liftの紹介ページ
http://beautysea.co.jp/airlift/